18-07-30

Permalink 00:07:25, 分类: default

「どうも、見てて思ったんだけど、普段城にいる兵って

「どうも、見てて思ったんだけど、普段城にいる兵って100~200くらいだろう?それだったら、皆は離れたところに待機してて、俺が突っ込んで混乱させたところに突っ込んでくれば・・・」この頃、清洲Google advertising田家が総動員をかけた場合、3000程の兵が集まったであろうが、兵農分離が行われていないため、動員令を出してから、実際に出撃出来るまでには、どうしても日数が掛かった。隼人は、古渡城や那古屋城下で過ごすうちに、なんとなくその様子を認識していた。「…っていうやり方はどうだ?」他にも細々とした部分まで、隼人は存念を披露し終えた。「はっはっはっは。」信長の高笑いに反応するように、座が騒がしくなった。忍び込んで放火するよりも、奇襲していった方が華やかである。座にいる者も、漢らしく華々しく功名をとげる事は望むところである。しかし、不可能であれば、命を落とす訳である。隼人が言った案は、この座の者全てを一人で倒す事が出来る隼人が居なければ、たちまち愚劣となる策であった。座の一同は(隼人がいれば、あるいは可能か・・・)と考えるに及び、「良い案にござりまする。」「これぞ上策!!」「一気に城を奪い取ってやろうぜ!」大いに士気が高揚していった。

......
[阅读全文]

18-07-29

Permalink 23:57:08, 分类: default

たっつんは片手で逆立ちをし、手を引っ込め首を軸に廻

たっつんは片手で逆立ちをし、手を引っ込め首を軸に廻ったり・・・その度に、輪からは歓声が上がり、感嘆の声が響く。始めは、失った手を庇うように必死に踊っていたが、次第に笑顔で踊っていった戶外家庭攝影技を一つ決める度、大きな歓声があがる。気づけば、たっつんの周りに皆が集まり、大きな歓声がそこかしこから上がっている。音楽もたっつんの動きに合わせ盛り上がる。たっつんがダンスを締めくくるポーズを決めると、観肖椁吓氖趾炔嗓黏长盲俊¥饯沃肖颏郡盲膜螭稀⑿︻啢锹⌒肖菺の方へ走ってくると「ごめん!!!」隆行に向かって威勢良く謝った。隆行は待っていたと言わんばかりに、「こっちこそな!それより、良いダンスだったぜ!」もはや、隆行も笑顔になっていた。この瞬間、二人の間の溝は埋まった。甲斐隼人(BONNEさん作) 

......
[阅读全文]

18-07-15

Permalink 23:24:57, 分类: default

 「あぁ、隊長のご友人をお連れした

 「あぁ、隊長のご友人をお連れしたのか」「────っ……」 ホリムが息を呑んだ。しかし、レイトは驚かなかった。それはサキカが彼らに素顔を晒したのを見ていたからであ香港婚紗攝影。「隊長は今、自室にいらっしゃる……というか副隊長と一番隊隊長の手によって連れていかれた」「…………やっぱりか」 ホリムがぼそりと溢した。「過保護だ何だって隊長は抵抗していらっしゃったけどねぇ、──ふらつくお身体を無理矢理身体強化で誤魔化しているのはバレバレだったし」 思った通り、サキカの体調はあまりよくないらしい。「おいおい……、そんな状態で会議に参加なさっていたのかあのお方は」「真面目なのはいいけど、見ているこっちは心配で仕方ないよ」 溜め息を吐き出したホリムと肩をすくめた零番隊隊員。 レイトは、総帝としてのサキカはもっとしっかりしているものだと思っていた。彼の総帝姿は襲撃時を除けば一度しか目にしていないが、纏う雰囲気は凛々しく毅然としていて、また堂々としていた。 まさしく、憧れの存在であったのだ。 にもかかわらず、実際はそうではないのだろうか。 そこまで考えて、ハッと気がつく。──彼は彼でしかないことに。.

......
[阅读全文]

18-07-13

Permalink 04:12:17, 分类: default

 ────────────

 ────────────「近づかないでよっ!」「化け物め、あっちに行け!!」あからさまに僕を避ける大人たち。つい先日まで仲良くしSocial Media Marketingいた友達も、僕を避けるようになった。──自分の身体に渦巻く魔力が、怖い。『それなら、封じてやろう』その言葉を口にしたのは、白銀に輝く体毛を持つ巨狼──プラチナウルフのセネルだった。────────────────────────『××××××××××××××××××××……』セネルが口にするのは、聞き取れない言葉。彼曰く、古代語らしいが、本当かどうかは定かではない。しかし、そのようなことはどうでもいいのだ。この魔力を封じることができるのなら。『──××××××××!』セネルが叫ぶ。直後、どこからともなく銀の鎖が現れて、僕の身体に巻き付いてきた。「────っ!?」痛い。全身がなにかに締め付けられている。骨まで軋んでいる気がした。遠退きそうになる意識を、歯を食いしばって留め、痛みにひたすら堪える。どれくらい時間が経ったかわからない。ふと痛みが引いて、気が抜けた僕は地面に膝をついた。目の前に広がる湖の水面に、自らの顔が映し出されている。その瞳が、あの忌々しい『銀』からもとの蒼へと戻っていることに気がついて、嬉しさのあまり僅かに頬を緩め、涙で頬を濡らす。髪色は戻らなかったが、これだけで十分だ。そして、視界がブラックアウトした。────────────────────────.

......
[阅读全文]
Permalink 02:31:49, 分类: default

 ────────────

 ────────────「近づかないでよっ!」「化け物め、あっちに行け!!」あからさまに僕を避ける大人たち。つい先日まで仲良くしSocial Media Marketingいた友達も、僕を避けるようになった。──自分の身体に渦巻く魔力が、怖い。『それなら、封じてやろう』その言葉を口にしたのは、白銀に輝く体毛を持つ巨狼──プラチナウルフのセネルだった。────────────────────────『××××××××××××××××××××……』セネルが口にするのは、聞き取れない言葉。彼曰く、古代語らしいが、本当かどうかは定かではない。しかし、そのようなことはどうでもいいのだ。この魔力を封じることができるのなら。『──××××××××!』セネルが叫ぶ。直後、どこからともなく銀の鎖が現れて、僕の身体に巻き付いてきた。「────っ!?」痛い。全身がなにかに締め付けられている。骨まで軋んでいる気がした。遠退きそうになる意識を、歯を食いしばって留め、痛みにひたすら堪える。どれくらい時間が経ったかわからない。ふと痛みが引いて、気が抜けた僕は地面に膝をついた。目の前に広がる湖の水面に、自らの顔が映し出されている。その瞳が、あの忌々しい『銀』からもとの蒼へと戻っていることに気がついて、嬉しさのあまり僅かに頬を緩め、涙で頬を濡らす。髪色は戻らなかったが、これだけで十分だ。そして、視界がブラックアウトした。────────────────────────.


......
[阅读全文]

18-06-30

Permalink 04:16:07, 分类: default

 「今どけてやる」彼女

 「今どけてやる」彼女を囲う瓦礫を退ければ、漸く彼女の足が自由になった。だが、怪我をしているようで、立てないらしい。彼女を背にのせて、少し離れた場所に連れ出し、瓦家庭攝影に背を預けるように座らせる。──彼女が無事でよかった。怪我はしているものの、命に別状は無さそうである。「ユリが……」柔らかくその身体を抱き締めて、温もりに頬を緩めると、有舞が耳元で呟いた。はっとしてその身体を放す。「魔法をもろに食らってたから……」彼女の表情には、焦りが見えた。その瞬間はレイトもこの目で見ている。「早く見つけてやらないと……」こんなところで彼女と抱き合っている場合ではない。──サキカがガイアを優先したのは、立場上そうせざるを得なかったからだ。──ガイアが瓦礫の山を見て見ぬふりをしたのは、立場上そうせざるを得なかったからだ。あの二人に頼ることはできない。サキカはユリアスを助けたかっただろう。ガイアも生き埋めになっている生徒を助けたかっただろう。それをできない二人に変わって、自分が皆を助けるのだ。自力で這い出ることのできない、初等部や中等部の弱者や、大怪我を負ってしまっている者たちを。「……ユリはどの辺りに」「わからないわ。飛ばされてると思うから……」不安げな、今にも泣き出しそうな表情をした愛しい彼女の頭を優しく撫でて、レイトは立ち上がった。.


......
[阅读全文]

18-06-13

Permalink 09:48:04, 分类: default

──そこはまさしく、戦場であ

──そこはまさしく、戦場であった。



......
[阅读全文]

18-05-05

Permalink 22:09:29, 分类: default

 そうして磨かれた技術の一つが、気

 そうして磨かれた技術の一つが、気配の察知であり、上手く気配を消す魔物から逃げるために磨かれたのが、魔力の察知であった。大抵は魔力か気配のどちらかを察知すれば、逃げてしまうこ暗瘡醫生は容易く、近づくまで存在に気がつくことができなかったことはほとんどなかった。「大変なんだな……」サキカが捨て子であったことを知る六人は、修得の難しさを理解したようだった。その後は男が近づいてくる気配はなく、夕食の時間まであと一時間を切った時だった。「っ――――!?」それを感知したサキカは、思わず振り返った。遥か後方から、とてつもない速さで駆けてくる男の姿が、目に小さく映った。砂埃を巻き上げ、目を爛々と輝かせ、明らかに身体強化をして、必死の形相で走ってくる男。だしぬけに振り返って顔をひきつらせたサキカを不思議に思ってか、六人もサキカの視線の先を見て――、ぎょっとした表情で固まった。しかし、こうしている暇はない。逃げなければあと数秒で追い付かれてしまう。前に向き直り、サキカは走り出した。――かくして、サキカの逃走劇が幕を開けた。六人がついてくる気配がする。彼ら彼女らも我に返ったのだろう。しかしながら、サキカには彼らをまつ余裕はない。足を緩めることなく、素早く動かす。男は更に足を速めたのか、だんだんとサキカと男との間は狭まっていく。しかし、これ以上スピードを上げると、学生の域を逸脱しかねない。だが、サキカはあの男と戦う気は皆無だ。.

......
[阅读全文]

18-05-04

Permalink 22:57:47, 分类: default

 全員が着物に着替え終えて、この場に揃

 全員が着物に着替え終えて、この場に揃ったのは、それから十数分してからであった。白百合の大輪が描かれた真っ巫盼铯蜃扭企姢蚶pめ上げたユリアスは美しくて目を奪われたのだが、そ頭髮保養どころではない心境にすぐに我に返る。ユリアスが若干離れた場所に有舞たちと座ってしまったことを残念に思いながらも、それを口にできるわけもなくただひたすらに今から起こるだろう事態を回避する方法を思案していたが、天皇が姿を見せたため舞が始まってしまった。冷艶な少女は、漆蔚钉蚴证摔贰⒕菠氏覙S器の音に合わせて舞う。少女がきる振り袖の長い袖が、彼女の動きに合わせて優雅に動いた。舞踊るようにひらひらと風に舞う桜の花弁ですら、一種の芸術に見えてしまうほど、少女の動きは洗練されていて無駄がなく、それ故に美しい。切れ長の目、長く艶やかな姟⒄妞冒驻始 I倥稳葑摔悉饯欷伺能嚖颏堡毪瑜Δ嗣坤筏ぁQ匀~も忘れ、先程まで考えていたことも忘れ、ただただ見惚れる。しかし、その少女の刀の先がサキカに向けられたことにより、我に返らざるを得なくなった。ピタリと音楽が止み、少女の切れ長の目の漆瓮单蛏鋻iく。それが意味することも、自分が何をすべきかもサキカにはわかっており、顔を強張らせてしまった。皆の驚きや困惑の視線が、一斉にこちらを向く。目を泳がせて隣を見れば、早く行けとばかりに鋭い視線を向けられた。伝統なのだから仕方がないとわかりながらも、気が進まない。しかし、サキカが何もしなければ、刀の舞はここで終わってしまうのだ。.

......
[阅读全文]
Permalink 20:47:48, 分类: default

 サキカには、彼に見覚えがあった。

 サキカには、彼に見覚えがあった。(カークさん、でしたっけ)彼の名前を心の中で呟いた。――彼は、ドワーフと人のハーフである。ドワーフは小人HKUE 傳銷真假あり、鍛冶を得意とする亜人の一種であり、身長は初等部に通う児童とあまり変わらないほど低い。しかし、彼はハーフであるため、成人した女性の平均身長よりやや低いぐらいだ。カークとは以前総帝として会ったことがある。彼は西の国随一の魔導機職人だ。「カークだ。……本日は陛下に頼まれてお前らに魔導機について教えることになった」面倒だと思っていることを隠そうともせず、眉間にしわを寄せたまま話すカーク。言葉を切ると左手に持っていた葉巻をくわえた。カークが葉巻から口をはなして煙を吐く度に、葉巻特有の臭いとともに白い煙が充満するが、何故かそれらは数秒後に浄化されてしまう。僅かな魔力を壁から感じたサキカがそちらを探って見ると、どうやら浄化魔法の魔方陣が描かれているらしかった。「しかしながら、俺には人に物事を教える才はない。それが魔方陣やら魔導機のことであっても、だ。だから、お前らには、今から簡単な魔導機を作ってもらうことにする」しんと静まり返っていた生徒間に、にわかにざわめきが湧いた。カークが眉根のしわを深くすると、生徒はピタリとざわめきを止める。「……材料は用意した。設計図も四人に一つはある。さっさと三、四人でグループを作れ」生徒たちは、慌てて動き出した。サキカもどこかのグループに入れてもらおうと周りを見回す。「……サキカ君」少し離れた場所にいたユリアスに名前を呼ばれそちらを見ると、いつものメンバーが集まっていた。(行動が早いですね……)内心で苦笑しながらも、人を掻き分けながら皆が集まるところへと足を撙螭馈.

......
[阅读全文]

:: 下一页 >>

Anna Choi

Travel Blog

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018