隆行は、宗珊の身体を抱き起こすと、「義父上

18-12-05

Permalink 03:13:23, 分类: default

隆行は、宗珊の身体を抱き起こすと、「義父上

隆行は、宗珊の身体を抱き起こすと、「義父上!間に合わなかった!至らぬ跡継ぎで申し訳ない!!」首の無い胴体に謝罪をした。気付くとその無骨な顔からは涙が流れている。「義父萬泰集團を生かすため、一条に来たはずであったのに!!」隆行が何と言おうとも、宗珊の死体から返事は無い。それどころか、「た、隆行様ぁ!敵兵、再び勢いを盛り返してきました!未だ、衰える様子はございません!戦場にて指揮を!指揮をとって下され!!」刻一刻と変わる戦況は、隆行が悲しみに沈む事も許さなかった。「首が…。義父上の首が無い…。これでは、まともに埋葬する事も出来ん…。」そう言って涙を拭った隆行は、宗珊が握っていた軍配を手から抜き取り、それを持って立ち上がった。その隆行の形相は、羅刹の如き表情となっていた。「長宗我部…。」そうポツリとこぼした隆行は、「もはや、許さぬ…。…土居家に属する者、我がもとへ集まれぇぇええい!!」そう吠えて、土居家の兵を集めると、「義父上が殺された…。弔い戦じゃ!車懸(くるまがか)りの陣をひけぇぃい!!」上杉謙信が得意とする突撃陣形を指示すると、「他の一条の兵は、方陣にて大殿を守れぇぇえい!!一条の須崎に属する面々は迂回し、後ろへ回れ!逃げ腰になる者を残らず討ち取れぇぇえい!逆啄木鳥(きつつき)戦法じゃぁ!!」武田信玄の得意とする啄木鳥戦法の応用戦術を指示した。

Anna Choi

Travel Blog

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018