18-07-31

Permalink 04:23:14, 分类: default

(島清興?でも、年代が合わん。今八歳くらいだったは

(島清興?でも、年代が合わん。今八歳くらいだったはず。清興って名は珍しいと思うけど、同姓同名かな。)「じゃから、ワシが父の事を語ってやり、新吉が元服する折にはその名を受け継がせ、どこかへ仕官HKUE DSEるまでは見届けようと………じゃから、今すぐにとは言わぬ。ヌシが禄を食むようになってからで構わぬ。その時は、こやつらをヌシの組下に加え、武士に戻してやってくれ!頼む!」再び、重盛が床に額を打ち付けた。新吉も、戸惑いながらも、頭目に合わせ頭を下げている。(そういうことなら、受けれん事も無いけど………それより、島清興の名を継がすだって?!ってことは…)隆行は、目の前の話より、驚きの方が勝ってしまっており、視線が自然と新吉の方を向かう。(マジかよ……。マジで、あの名将、島左近かもしれん。)島左近。別名、島清興。出自は不明とされ、対馬説、大和説、近江説などがある。畠山、筒井、豊臣に仕えた、知勇兼備の名将である。晩年には天下分け目の関ヶ原の合戦で、西軍の総大将を務めるまでになった石田三成が、豊臣秀吉の家臣であった頃、自らの禄(毎月の給料)の半分を与えてまで、招聘し、右腕にした程の男でもある。その石田三成に対して世の中で言われていた言葉に、こういう言葉がある。三成に過ぎたるもの島の左近に佐和山の城それほどの名将である。隆行の驚きも無理のないことであろう。

......
[阅读全文]

18-07-29

Permalink 06:27:00, 分类: default

と、隼人の視界に、遠く城下の向こうから駆けてくる小

と、隼人の視界に、遠く城下の向こうから駆けてくる小さな軍勢が見えた。(敵か?味方か?…敵だったら、こりゃ、即逃げだな。)その軍勢は進みが速く、みるみる近づいてくる。軍勢を遠望HKUE 傳銷ていた犬千代が、隼人のもとまで駆けてきた。「ありゃ、大殿の軍勢じゃ!!」隼人は、嬉しそうな顔を向ける犬千代を見て、(良かったー!これで一安心だ!)「おぉ。援軍が来たかー。犬千代、眼が良いなー。」と、笑いあった後、犬千代に城下まで迎えに行って、大殿達を案内するよう伝えた。一方、騎馬を疾駆させていた信秀は、遠望出来るようになってきた清洲城を見て疑問を抱いていた。斥候の報告もおかしい。信秀は、信長に馬を寄せ、「おい。清洲城は燃えていたんじゃないのか?戦闘中なんじゃよな?」心配そうな信秀の問いに、信長も腑に落ちない顔で返した。「そのはずです。」二人の心配もそのはず、清洲城は、今や、燻った鼰煠蛏悉菠皮い毪坤堡恰⑻婴菠肴恕─胜嗓趣猡蓼盲郡龌幛铯胜ぁ

......
[阅读全文]

18-07-17

Permalink 23:18:53, 分类: default

 ××××××××××××××××

 ××××××××××××××××「あぁもうっ……」 ユリアスは頭(かぶり)を振った。昨日の彼の台詞が、頭から離れないのだ。 戦争前となり、学園はHKUE DSEみとなった。実家に戻ったユリアスは自室にこもっていたが、彼のあの台詞のせいで、昨夜は寝られなかった。「貴女を守れるのですから……って、なんでこんな思わせぶりな台詞をっ……」 これでは彼が、あたかもユリアスを守りたいがために戦うみたいではないか。 そのあとの台詞もそうだ。僕は幸せです、と彼は言ったのだ。ユリアスを守れるのが幸せだというように、……自分の都合の良いように捉えてしまいそうだ。「忘れなきゃいけないって、わかっているのに……」 いずれは婿を迎え、アクスレイド家繁栄のために尽くさなければならない。一人娘として五大貴族に生まれた者の、使命である。 いっそのこと、父に頼み込んでみるか。これで相手が平民であると大変なのだが、サキカの地位は、幸い、全く問題がないほどに高い。逆の意味での問題が起こりそうであるが、過去の総帝には五大貴族と婚姻を結んだ者もいたはずだ。「……いや、だめです、それは流石に。人として問題がありますよっ」 告白の返事がないにも関わらず外堀から埋めていくなど、流石に気が引ける。ユリアスはそこまで狡猾な人格はしていない。「こうなったら」 ユリアスは勢いよく立ち上がった。一人で考え込んでいても仕方がないのだ。部屋着の質素なワンピースから、外出着である派手さはないものの可愛らしいワンピースに着替えて、ユリアスは部屋の扉に手をかけた。.

......
[阅读全文]
Permalink 00:15:00, 分类: default

「────貴方には愛しの彼女がい

 「────貴方には愛しの彼女がいたわねぇ」 ──総帝は顔を強張らせた。まさか、と息を呑む。 開戦前から感じていた妙な危機感。危ないと感じていたのは、今日、何頭髮護理が自分の身に起こるからではなかったのか。 否、そう思い込むことで、不安を無理矢理押さえつけていたのかもしれない。「……何の、ことでしょう」 しかし、総帝は笑みさえ浮かべて見せた。動揺などしたら、相手の思う壺だ。フードの下で笑顔を浮かべたところで、この女にはわからぬまい。だが、そうでもしなければ、──不安で心が張り裂けそうだったのだ。「あらあ……違うの? 彼女────ユリアス・アクスレイドは、遊びだったのかしら?」 ──彼女の名前がこの女にまで知れ渡っている。そんなはずはない、と否定しかけて気がついた。 学園に侵入していた魔人の仲間は、本当に一人だけだったのだろうか、と。「……総帝、そんな下らない手に引っ掛からないでください」 総帝が女と話している間も武器を振るっていた地帝が、何気なく近くまで来て囁いた。 しかし、これは本当にただ総帝を動揺せるためだけの言葉なのだろうか。 ──証拠がないのだ。これから女が口にしようとしていることが虚言であるという、明確な証拠が。.

......
[阅读全文]

18-07-15

Permalink 01:17:27, 分类: default

 「なるほど」 納得し

 「なるほど」 納得したらしいアークは、一言漏らすと黙りこんだ。「続きを話します──」 この魔法をサキカにかけてくれたのは、【P蝶】の守護精霊でHKUE 傳銷るプラチナウルフのセネルだ。 銀に変わり果ててしまった髪と瞳を見て泣くサキカに、元に戻る可能性がありコントロールも楽になるだろうからとかけてくれたのだ。「……待て。待て待て待て待てっ! あの狼、【P蝶】の守護精霊だったのかっ!?」 声を荒らげたガイアに、皆の視線が向く。レイトがきょとんとした表情で口を開いた。「え、ガイアも知らなかったの?」 炎帝であるガイアならば、知っているものだと思っていたらしい。「知らんわ、初耳だ!」 不機嫌そうな紅の瞳が、こちらに向く。「聞いてないぞサキカ」「……わざわざお教えする必要はないかと思いまして」 ガイアに教えるほどのことでもないだろう。彼の認識では、セネルはサキカの使い魔かサキカの魔武器の守護精霊だと思っていたはずなのだ。 教えるまでもないと判断していたのだが、誤りだったのだろうか。「必要があるかないかの問題じゃない。教えてほしかっただけだ」 ため息混じりに言われて、サキカは苦笑気味に笑った。.

......
[阅读全文]

18-06-26

Permalink 04:19:25, 分类: default

 「そのわりにはあんまり緊張してい

 「そのわりにはあんまり緊張しているように見えなかったけどー?」「得意不得意と好き嫌いは別物だよ」からかうような、茶化すような口調に、サキカはますます眉間のしわをHKUE 傳銷真相めた。その様子を見たレイトは慌てたように謝ってきた。「……悪い。なんかサキカの態度が珍しくて、つい」「珍しい?」「いつも簡単に受け流すくせに、明らかに困っていたあたりが」そう簡単に受け流していたつもりはなかったのだが、レイトにはそう見えていたのだろう。「……女性の甲高い歓声が苦手で」「わからなくもないぞ、それは」正直にはなしたサキカに、レイトは同意してくれた。先程まで自分が立っていた場内に視線を向け直すと、ガイアたちが丁度入場してきたところだった。「始まるみたいだよ」レイトに告げると、彼は慌てて前に向き直った。その視線の先はおそらく有舞。ガイアたちの試合を見ながら彼の視線の先を追っていたら、すぐにわかった。レイトは試合の流れを追うのではなく、彼女を目で追っているのだと。係の生徒の試合開始の合図と共に、ガイアと冬也が飛び出した。鞭のように振るわれた鋼の糸と青い刀の刃がぶつかる。金属同士がぶつかる高い音とともに、火花が飛び散った。.

......
[阅读全文]

18-06-20

Permalink 05:04:42, 分类: default

 転移した先は、校庭の真ん中。校庭

 転移した先は、校庭の真ん中。校庭が広すぎるせいか未だに校庭の外には被害は及んでいなかったが、そこは魔物で埋め尽くされていた。青みがかった赤つ锾赜肖窝⒛铯嗡捞澶寺馠KUE DSE尽くされながらも僅かに見えていた地面を濡らし、所々に血溜まりをつくっている。慣れていても吐き気をもよおすような濃い血の臭いが、辺り一面に漂っていた。空には巨大な龍とドラゴンの姿。地上では中級から最上級までの魔物が、殺し合いをしている。──生徒会長たちは、すでにぼろぼろであった。魔法が使えるようになったことには気がついたのか、互いに治癒魔法を掛け合いながらも、それでも体力の消耗は激しいようで、皆足元がふらついている。着流しの男も、険しい表情をしていた。あの生徒会長たちの様子では、ほとんど彼らは役にたっていなかったのであろう。「──“雪花”」──氷属性上級魔法“雪花”。現れたいくつもの純白の花がすばやく回転し、一枚ずつ離ればなれになったそれは、魔物の身体を切り裂いた。飛び散る血飛沫。粉々になった花弁は月明かりに照らされてダイヤモンドダストのごとく輝く。「…………来たか」「えぇ。お待たせいたしました」こちらを見た男は、険しい表情から疲れきった表情へと変わった。.

......
[阅读全文]

18-06-13

Permalink 06:50:21, 分类: default

 ユリアスの部屋は最上階──三十五

 ユリアスの部屋は最上階──三十五階にある。追加料金を払わなければ使えない特別な大きな部屋の一つであり、あの階には五部屋、しかも女子の部屋しかない。無論、体力がないユリアスが階段で上HKUE 傳銷っていける高さではないのだ。リリスの部屋をノックし──チャイムは魔力がなければ鳴らせない──、彼女が出てくるのを待つ。「……はい?」普段と変わらぬのんびりとした声が中から聞こえてきて、暗闇に包まれた廊下を一人で歩いたせいで心細くなっていたユリアスは、ほっとした。「リリスちゃん、私です」「……ユリ?」その声と共にドアが開き、中からひょこりとリリスが顔を出す。ぅ蕙螗趣蛏恧死pっていない彼女は、ふさふさとした猫の耳をむき出しにしていた。その耳は、頻りに動いている。辺りの様子を窺っているのだろうか。とりあえず、と部屋にいれてくれたリリスに事情を説明すると、わかったと頷いたあと彼女は宙を睨んだ。「やっぱりなぁ……」「へ?」リリスの呟きに疑問の声をあげてしまった。「……何がですか?」やっぱり、の主語がわからない。「んや、ガイア君だよ。ただもんじゃあないとは、流石のぼくでもわかってた」基本的に他人事には無関心で、友人のことでさえその範疇内に入ってしまっているリリス。その彼女でさえもガイアがただ者ではないことには気がついていたらしかった。.

......
[阅读全文]

18-06-08

Permalink 11:35:01, 分类: default

 「えぇ、後は体内を破壊するとかし

 「えぇ、後は体内を破壊するとかしか……」体内破壊は、風属性の者があれを討伐する時にするやり方である。しかし、学生では器用に体内だけを破壊できる者などいないだろう。火属性頭髮稀疏もできないことはないが、失敗すればこちらが死ぬかもしれない。「束縛しても根本的な解決にはならないしなぁ……。むしろ暴れられて体液と息を巻き散らかされそうだ」先輩は大きく息を吐き出して肩を落とす。「闇属性と土属性持ちはいないのですか? 光属性でもあれを押さえ込む結界でも張れれば……」「いない。ここで話し合いながら聞き合ったが、土属性はいないし光属性と闇属性も使えてもあまり得意じゃない者しかいなかった。無属性結界なんて、あれを押さえ込めるほど丈夫なやつ張れるのは、生徒会メンバーぐらいだろ」はぁ、と先輩はため息をつく。──あのラウのことだ。このメンバーもあらかじめあの魔物をどうにかできる者を入れているはずだ。しかし、気配を探ってもサキカの後ろを歩く者は、もういなかった。サキカがここに着いてから来た者たちも、黙りこんでサキカと先輩の話しに耳を傾けているのだ。使える者がいたら、名仱瓿訾皮い毪扦ⅳ恧Α¥胜椁小ⅳ长长死搐腴gにやられてしまったのだろうか。だが、あのラウがそれを考慮しないわけがない。ということは──(……僕にどうにかしろとおっしゃるわけですね)──それしか考えられないのだ。あれを倒すのには、実はもう一つだけ方法がある。「……氷属性持ちは、いないのですか」「いるわけないだろう。あれは派属性だ。吡激蓼斐证盲皮い胜は蓼辍⒀袱懔暤盲扦胜い长趣挨椁ぁⅴ榨┅`ラスも知ってるだろ?」──凍らすこと。それは、氷属性持ちの少なさ故に、一番使われない方法である。.

......
[阅读全文]
Permalink 11:34:02, 分类: default

 「えぇ、後は体内を破壊するとかし

 「えぇ、後は体内を破壊するとかしか……」体内破壊は、風属性の者があれを討伐する時にするやり方である。しかし、学生では器用に体内だけを破壊できる者などいないだろう。火属性頭髮稀疏もできないことはないが、失敗すればこちらが死ぬかもしれない。「束縛しても根本的な解決にはならないしなぁ……。むしろ暴れられて体液と息を巻き散らかされそうだ」先輩は大きく息を吐き出して肩を落とす。「闇属性と土属性持ちはいないのですか? 光属性でもあれを押さえ込む結界でも張れれば……」「いない。ここで話し合いながら聞き合ったが、土属性はいないし光属性と闇属性も使えてもあまり得意じゃない者しかいなかった。無属性結界なんて、あれを押さえ込めるほど丈夫なやつ張れるのは、生徒会メンバーぐらいだろ」はぁ、と先輩はため息をつく。──あのラウのことだ。このメンバーもあらかじめあの魔物をどうにかできる者を入れているはずだ。しかし、気配を探ってもサキカの後ろを歩く者は、もういなかった。サキカがここに着いてから来た者たちも、黙りこんでサキカと先輩の話しに耳を傾けているのだ。使える者がいたら、名仱瓿訾皮い毪扦ⅳ恧Α¥胜椁小ⅳ长长死搐腴gにやられてしまったのだろうか。だが、あのラウがそれを考慮しないわけがない。ということは──(……僕にどうにかしろとおっしゃるわけですね)──それしか考えられないのだ。あれを倒すのには、実はもう一つだけ方法がある。「……氷属性持ちは、いないのですか」「いるわけないだろう。あれは派属性だ。吡激蓼斐证盲皮い胜は蓼辍⒀袱懔暤盲扦胜い长趣挨椁ぁⅴ榨┅`ラスも知ってるだろ?」──凍らすこと。それは、氷属性持ちの少なさ故に、一番使われない方法である。.

......
[阅读全文]

:: 下一页 >>

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018