18-10-13

Permalink 04:42:29, 分类: default

隼人は、そんな景虎を見て、「船の上で、そな

隼人は、そんな景虎を見て、「船の上で、そないな物、食うからじゃ!はっはっはっは!」と、大笑いしている。「…ぐっ。隼人め…。」景虎が怒った表情をするが、弱りきった景虎に銜接學位課程みかかる力は無い。「…うぅぅ。」と船縁から上半身を出し、吐き気と戦っていた。隼人は、相変わらず大笑いしながら、景虎の背中をさすってやっていると、「大変じゃぁ!!」船仱赀_が、景虎の様子に気付いたらしい。「お殿様が、酔っておられる!」「越後の国主様ぞ!皆、急いで介抱するんじゃ!」船の上は、大騒ぎになった。(たかだか船酔いぐらいで大袈裟な…。)隼人が呆れながらその様子を見ているうちに、船は、陸についたらしい。(国主ってのは、マジで王様なんだな。まぁ、島までくりゃ、その雰囲気もなくなるだろ。)「ほぃ。ほぃ。」と、隼人が船から降りると、目の前に大勢の武士がいた。(…な、なんだ、こいつら…。)隼人が警戒するように武士達を見ていると、遅れてフラフラと景虎が降りてくる。

......
[阅读全文]

18-09-01

Permalink 23:05:54, 分类: default

隼人は、固まった瞬間、突然強い力に押さえつけられ、

隼人は、固まった瞬間、突然強い力に押さえつけられ、無理やり地に頭を付けさせられた。「ぐっ…。」そうしている間に二人は近づいてきて、庭に面した部屋に腰を降ろした。腰を降ろすと、HKUE 呃人座に座った異形の男が昌胤の方を向き、「青いぞ、昌胤。三ツ者がおらねば、死んでおったぞ。」と言った。三ツ者。甲斐武田家に仕えた隠密集団である。情報収集を得意とし、全国に広域な情報網を持っていた、現在でいう忍に近い。甲斐武田の強さを支える精鋭諜報機関であった。「くっ。」悔しそうな声を上げた昌胤は、立ち上がって刀を抜き払い、隼人を強く睨んだ。しかし、すかさず、先程の男が再度言葉を掛けた。「控えよ、昌胤。殿の御前じゃ。」すぐに、動きを留められ、悔しそうな昌胤は、異形の男の方を向き、「さ、されど、勘助(かんすけ)殿!」と、苦しそうに言った。

......
[阅读全文]

18-08-24

Permalink 05:18:15, 分类: default

これらの言葉に驚いた宗珊は、(峙绚袱悚龋

これらの言葉に驚いた宗珊は、(峙绚袱悚龋浚¢L宗我部じゃな!ワシのおらん隙に!!)気持ちが焦り始める。軍勢を急がせたいが、突然城下でそんな事をすれば混乱が生じる可能性がある。顯赫植髮 discuss宗珊は、情報をくれた町の人達に会釈で礼をしながら、はやる気持ちを抑え、城へと登城した。大手門をくぐり、軍を解散させる。いつもは労いの言葉を掛けて廻るのだが、今回の宗珊は、只ならぬ予感に自然に城へと足が向く。足早に兼定との謁見に向かった。「殿は、こちらにおられます。」小姓に案内され、一つの部屋に辿り着いた宗珊は、「土居宗珊にございます。」部屋に向かって声をかけた。「入れ。」幼い声に反応し、部屋に入る。てっきり一人で居ると思っていたが、そこには、一条房通も居た。宗珊は特に気にも止めず、兼定に向き直ると、「只今、戻りました。」と帰還の報告をおこなった。「うむ。ご苦労。して、長宗我部は?」「撤退致しました。」「そうか。」

......
[阅读全文]

18-08-22

Permalink 00:56:22, 分类: default

「ようやく、腹の座りが出来始めたようじゃの。」

「ようやく、腹の座りが出来始めたようじゃの。」そうポツリと呟いた又爺が、「おしゃぁ、そういえば、その片腕では、刀も満足に振るえんじゃろう。」「あぁ。ふんばりが利かんからな。」酒店業出路「男が戦えんでどうする気じゃ?」「まだ足がある。足で戦えばいいだろ。」「そうか。」そう呟いた又爺は、しばし間をおいた後、「以前の事を後悔しておるか?」あの事件以来、ずっとその事を話さなかった又爺が初めて聞いてきた。「あぁ。」これには、たっつんも素直に返した。(自分の事はいいけど、又爺に迷惑をかけた。)これがたっつんの後悔である。「…ならば、もう無茶もせんじゃろうな。」そう一人で言った又爺は、部屋の中のガラクタの山の中を探り始めた。

......
[阅读全文]
Permalink 00:48:53, 分类: default

「何?!重盛殿か?!客間にお通しせよ!」そ

「何?!重盛殿か?!客間にお通しせよ!」そう五郎三郎に言いつけると、めまぐるしく脳が回転させ始めた。「権兵衛!資産や資本の事はいいから、儲け額だけ月毎に列記して見せてくれ!則正殿は、頭髮生長速度慢れで、なんとか、もう少し引き延ばしておいてくれ!」と、隆行は、根来から土産用に買ってきた一丁の火繩銃を則正に渡し、旅装束から着替えると、飛ぶように客間に向かった。隆行が客間につくと、すでに重盛が山伽畏挨韦蓼蕖⒅亍─筏盲皮い俊!袱长欷稀⒅厥⒌睢¥盲筏澶Δ搐钉い蓼埂!孤⌒肖稀⒆盲瓢ま伽颏工毪⒅厥ⅳ厦鳏椁瞬粰C嫌な顔をしている。「隆行殿。そんな挨拶は良い。いったいどういうつもりじゃ。」「どういうつもりとは?」隆行が聞き返すと、重盛は大分不満を抱えてきたのであろう。隆行に向かって吠え始めた。「ワシは、武士にしてくれと頼んだはずじゃ!商人にせよ、などとは頼んだ覚えは無い!いったい、どういう了見でこんな事をし続けておるかぁ!!」凄みのある声であった。(はぁ~。)隆行は、溜息をつき、(話すより、見せた方が早いな。)と思うと、パンパンと手を叩いた。

......
[阅读全文]

18-07-31

Permalink 04:23:14, 分类: default

(島清興?でも、年代が合わん。今八歳くらいだったは

(島清興?でも、年代が合わん。今八歳くらいだったはず。清興って名は珍しいと思うけど、同姓同名かな。)「じゃから、ワシが父の事を語ってやり、新吉が元服する折にはその名を受け継がせ、どこかへ仕官HKUE DSEるまでは見届けようと………じゃから、今すぐにとは言わぬ。ヌシが禄を食むようになってからで構わぬ。その時は、こやつらをヌシの組下に加え、武士に戻してやってくれ!頼む!」再び、重盛が床に額を打ち付けた。新吉も、戸惑いながらも、頭目に合わせ頭を下げている。(そういうことなら、受けれん事も無いけど………それより、島清興の名を継がすだって?!ってことは…)隆行は、目の前の話より、驚きの方が勝ってしまっており、視線が自然と新吉の方を向かう。(マジかよ……。マジで、あの名将、島左近かもしれん。)島左近。別名、島清興。出自は不明とされ、対馬説、大和説、近江説などがある。畠山、筒井、豊臣に仕えた、知勇兼備の名将である。晩年には天下分け目の関ヶ原の合戦で、西軍の総大将を務めるまでになった石田三成が、豊臣秀吉の家臣であった頃、自らの禄(毎月の給料)の半分を与えてまで、招聘し、右腕にした程の男でもある。その石田三成に対して世の中で言われていた言葉に、こういう言葉がある。三成に過ぎたるもの島の左近に佐和山の城それほどの名将である。隆行の驚きも無理のないことであろう。

......
[阅读全文]

18-07-29

Permalink 06:27:00, 分类: default

と、隼人の視界に、遠く城下の向こうから駆けてくる小

と、隼人の視界に、遠く城下の向こうから駆けてくる小さな軍勢が見えた。(敵か?味方か?…敵だったら、こりゃ、即逃げだな。)その軍勢は進みが速く、みるみる近づいてくる。軍勢を遠望HKUE 傳銷ていた犬千代が、隼人のもとまで駆けてきた。「ありゃ、大殿の軍勢じゃ!!」隼人は、嬉しそうな顔を向ける犬千代を見て、(良かったー!これで一安心だ!)「おぉ。援軍が来たかー。犬千代、眼が良いなー。」と、笑いあった後、犬千代に城下まで迎えに行って、大殿達を案内するよう伝えた。一方、騎馬を疾駆させていた信秀は、遠望出来るようになってきた清洲城を見て疑問を抱いていた。斥候の報告もおかしい。信秀は、信長に馬を寄せ、「おい。清洲城は燃えていたんじゃないのか?戦闘中なんじゃよな?」心配そうな信秀の問いに、信長も腑に落ちない顔で返した。「そのはずです。」二人の心配もそのはず、清洲城は、今や、燻った鼰煠蛏悉菠皮い毪坤堡恰⑻婴菠肴恕─胜嗓趣猡蓼盲郡龌幛铯胜ぁ

......
[阅读全文]

18-07-17

Permalink 23:18:53, 分类: default

 ××××××××××××××××

 ××××××××××××××××「あぁもうっ……」 ユリアスは頭(かぶり)を振った。昨日の彼の台詞が、頭から離れないのだ。 戦争前となり、学園はHKUE DSEみとなった。実家に戻ったユリアスは自室にこもっていたが、彼のあの台詞のせいで、昨夜は寝られなかった。「貴女を守れるのですから……って、なんでこんな思わせぶりな台詞をっ……」 これでは彼が、あたかもユリアスを守りたいがために戦うみたいではないか。 そのあとの台詞もそうだ。僕は幸せです、と彼は言ったのだ。ユリアスを守れるのが幸せだというように、……自分の都合の良いように捉えてしまいそうだ。「忘れなきゃいけないって、わかっているのに……」 いずれは婿を迎え、アクスレイド家繁栄のために尽くさなければならない。一人娘として五大貴族に生まれた者の、使命である。 いっそのこと、父に頼み込んでみるか。これで相手が平民であると大変なのだが、サキカの地位は、幸い、全く問題がないほどに高い。逆の意味での問題が起こりそうであるが、過去の総帝には五大貴族と婚姻を結んだ者もいたはずだ。「……いや、だめです、それは流石に。人として問題がありますよっ」 告白の返事がないにも関わらず外堀から埋めていくなど、流石に気が引ける。ユリアスはそこまで狡猾な人格はしていない。「こうなったら」 ユリアスは勢いよく立ち上がった。一人で考え込んでいても仕方がないのだ。部屋着の質素なワンピースから、外出着である派手さはないものの可愛らしいワンピースに着替えて、ユリアスは部屋の扉に手をかけた。.

......
[阅读全文]
Permalink 00:15:00, 分类: default

「────貴方には愛しの彼女がい

 「────貴方には愛しの彼女がいたわねぇ」 ──総帝は顔を強張らせた。まさか、と息を呑む。 開戦前から感じていた妙な危機感。危ないと感じていたのは、今日、何頭髮護理が自分の身に起こるからではなかったのか。 否、そう思い込むことで、不安を無理矢理押さえつけていたのかもしれない。「……何の、ことでしょう」 しかし、総帝は笑みさえ浮かべて見せた。動揺などしたら、相手の思う壺だ。フードの下で笑顔を浮かべたところで、この女にはわからぬまい。だが、そうでもしなければ、──不安で心が張り裂けそうだったのだ。「あらあ……違うの? 彼女────ユリアス・アクスレイドは、遊びだったのかしら?」 ──彼女の名前がこの女にまで知れ渡っている。そんなはずはない、と否定しかけて気がついた。 学園に侵入していた魔人の仲間は、本当に一人だけだったのだろうか、と。「……総帝、そんな下らない手に引っ掛からないでください」 総帝が女と話している間も武器を振るっていた地帝が、何気なく近くまで来て囁いた。 しかし、これは本当にただ総帝を動揺せるためだけの言葉なのだろうか。 ──証拠がないのだ。これから女が口にしようとしていることが虚言であるという、明確な証拠が。.

......
[阅读全文]

18-07-15

Permalink 01:17:27, 分类: default

 「なるほど」 納得し

 「なるほど」 納得したらしいアークは、一言漏らすと黙りこんだ。「続きを話します──」 この魔法をサキカにかけてくれたのは、【P蝶】の守護精霊でHKUE 傳銷るプラチナウルフのセネルだ。 銀に変わり果ててしまった髪と瞳を見て泣くサキカに、元に戻る可能性がありコントロールも楽になるだろうからとかけてくれたのだ。「……待て。待て待て待て待てっ! あの狼、【P蝶】の守護精霊だったのかっ!?」 声を荒らげたガイアに、皆の視線が向く。レイトがきょとんとした表情で口を開いた。「え、ガイアも知らなかったの?」 炎帝であるガイアならば、知っているものだと思っていたらしい。「知らんわ、初耳だ!」 不機嫌そうな紅の瞳が、こちらに向く。「聞いてないぞサキカ」「……わざわざお教えする必要はないかと思いまして」 ガイアに教えるほどのことでもないだろう。彼の認識では、セネルはサキカの使い魔かサキカの魔武器の守護精霊だと思っていたはずなのだ。 教えるまでもないと判断していたのだが、誤りだったのだろうか。「必要があるかないかの問題じゃない。教えてほしかっただけだ」 ため息混じりに言われて、サキカは苦笑気味に笑った。.

......
[阅读全文]

:: 下一页 >>

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018