18-06-20

Permalink 05:04:42, 分类: default

 転移した先は、校庭の真ん中。校庭

 転移した先は、校庭の真ん中。校庭が広すぎるせいか未だに校庭の外には被害は及んでいなかったが、そこは魔物で埋め尽くされていた。青みがかった赤つ锾赜肖窝⒛铯嗡捞澶寺馠KUE DSE尽くされながらも僅かに見えていた地面を濡らし、所々に血溜まりをつくっている。慣れていても吐き気をもよおすような濃い血の臭いが、辺り一面に漂っていた。空には巨大な龍とドラゴンの姿。地上では中級から最上級までの魔物が、殺し合いをしている。──生徒会長たちは、すでにぼろぼろであった。魔法が使えるようになったことには気がついたのか、互いに治癒魔法を掛け合いながらも、それでも体力の消耗は激しいようで、皆足元がふらついている。着流しの男も、険しい表情をしていた。あの生徒会長たちの様子では、ほとんど彼らは役にたっていなかったのであろう。「──“雪花”」──氷属性上級魔法“雪花”。現れたいくつもの純白の花がすばやく回転し、一枚ずつ離ればなれになったそれは、魔物の身体を切り裂いた。飛び散る血飛沫。粉々になった花弁は月明かりに照らされてダイヤモンドダストのごとく輝く。「…………来たか」「えぇ。お待たせいたしました」こちらを見た男は、険しい表情から疲れきった表情へと変わった。.

......
[阅读全文]

18-06-13

Permalink 06:50:21, 分类: default

 ユリアスの部屋は最上階──三十五

 ユリアスの部屋は最上階──三十五階にある。追加料金を払わなければ使えない特別な大きな部屋の一つであり、あの階には五部屋、しかも女子の部屋しかない。無論、体力がないユリアスが階段で上HKUE 傳銷っていける高さではないのだ。リリスの部屋をノックし──チャイムは魔力がなければ鳴らせない──、彼女が出てくるのを待つ。「……はい?」普段と変わらぬのんびりとした声が中から聞こえてきて、暗闇に包まれた廊下を一人で歩いたせいで心細くなっていたユリアスは、ほっとした。「リリスちゃん、私です」「……ユリ?」その声と共にドアが開き、中からひょこりとリリスが顔を出す。ぅ蕙螗趣蛏恧死pっていない彼女は、ふさふさとした猫の耳をむき出しにしていた。その耳は、頻りに動いている。辺りの様子を窺っているのだろうか。とりあえず、と部屋にいれてくれたリリスに事情を説明すると、わかったと頷いたあと彼女は宙を睨んだ。「やっぱりなぁ……」「へ?」リリスの呟きに疑問の声をあげてしまった。「……何がですか?」やっぱり、の主語がわからない。「んや、ガイア君だよ。ただもんじゃあないとは、流石のぼくでもわかってた」基本的に他人事には無関心で、友人のことでさえその範疇内に入ってしまっているリリス。その彼女でさえもガイアがただ者ではないことには気がついていたらしかった。.

......
[阅读全文]

18-06-08

Permalink 11:35:01, 分类: default

 「えぇ、後は体内を破壊するとかし

 「えぇ、後は体内を破壊するとかしか……」体内破壊は、風属性の者があれを討伐する時にするやり方である。しかし、学生では器用に体内だけを破壊できる者などいないだろう。火属性頭髮稀疏もできないことはないが、失敗すればこちらが死ぬかもしれない。「束縛しても根本的な解決にはならないしなぁ……。むしろ暴れられて体液と息を巻き散らかされそうだ」先輩は大きく息を吐き出して肩を落とす。「闇属性と土属性持ちはいないのですか? 光属性でもあれを押さえ込む結界でも張れれば……」「いない。ここで話し合いながら聞き合ったが、土属性はいないし光属性と闇属性も使えてもあまり得意じゃない者しかいなかった。無属性結界なんて、あれを押さえ込めるほど丈夫なやつ張れるのは、生徒会メンバーぐらいだろ」はぁ、と先輩はため息をつく。──あのラウのことだ。このメンバーもあらかじめあの魔物をどうにかできる者を入れているはずだ。しかし、気配を探ってもサキカの後ろを歩く者は、もういなかった。サキカがここに着いてから来た者たちも、黙りこんでサキカと先輩の話しに耳を傾けているのだ。使える者がいたら、名仱瓿訾皮い毪扦ⅳ恧Α¥胜椁小ⅳ长长死搐腴gにやられてしまったのだろうか。だが、あのラウがそれを考慮しないわけがない。ということは──(……僕にどうにかしろとおっしゃるわけですね)──それしか考えられないのだ。あれを倒すのには、実はもう一つだけ方法がある。「……氷属性持ちは、いないのですか」「いるわけないだろう。あれは派属性だ。吡激蓼斐证盲皮い胜は蓼辍⒀袱懔暤盲扦胜い长趣挨椁ぁⅴ榨┅`ラスも知ってるだろ?」──凍らすこと。それは、氷属性持ちの少なさ故に、一番使われない方法である。.

......
[阅读全文]
Permalink 11:34:02, 分类: default

 「えぇ、後は体内を破壊するとかし

 「えぇ、後は体内を破壊するとかしか……」体内破壊は、風属性の者があれを討伐する時にするやり方である。しかし、学生では器用に体内だけを破壊できる者などいないだろう。火属性頭髮稀疏もできないことはないが、失敗すればこちらが死ぬかもしれない。「束縛しても根本的な解決にはならないしなぁ……。むしろ暴れられて体液と息を巻き散らかされそうだ」先輩は大きく息を吐き出して肩を落とす。「闇属性と土属性持ちはいないのですか? 光属性でもあれを押さえ込む結界でも張れれば……」「いない。ここで話し合いながら聞き合ったが、土属性はいないし光属性と闇属性も使えてもあまり得意じゃない者しかいなかった。無属性結界なんて、あれを押さえ込めるほど丈夫なやつ張れるのは、生徒会メンバーぐらいだろ」はぁ、と先輩はため息をつく。──あのラウのことだ。このメンバーもあらかじめあの魔物をどうにかできる者を入れているはずだ。しかし、気配を探ってもサキカの後ろを歩く者は、もういなかった。サキカがここに着いてから来た者たちも、黙りこんでサキカと先輩の話しに耳を傾けているのだ。使える者がいたら、名仱瓿訾皮い毪扦ⅳ恧Α¥胜椁小ⅳ长长死搐腴gにやられてしまったのだろうか。だが、あのラウがそれを考慮しないわけがない。ということは──(……僕にどうにかしろとおっしゃるわけですね)──それしか考えられないのだ。あれを倒すのには、実はもう一つだけ方法がある。「……氷属性持ちは、いないのですか」「いるわけないだろう。あれは派属性だ。吡激蓼斐证盲皮い胜は蓼辍⒀袱懔暤盲扦胜い长趣挨椁ぁⅴ榨┅`ラスも知ってるだろ?」──凍らすこと。それは、氷属性持ちの少なさ故に、一番使われない方法である。.

......
[阅读全文]
Permalink 11:32:35, 分类: default

 「えぇ、後は体内を破壊するとかし

 「えぇ、後は体内を破壊するとかしか……」体内破壊は、風属性の者があれを討伐する時にするやり方である。しかし、学生では器用に体内だけを破壊できる者などいないだろう。火属性頭髮稀疏もできないことはないが、失敗すればこちらが死ぬかもしれない。「束縛しても根本的な解決にはならないしなぁ……。むしろ暴れられて体液と息を巻き散らかされそうだ」先輩は大きく息を吐き出して肩を落とす。「闇属性と土属性持ちはいないのですか? 光属性でもあれを押さえ込む結界でも張れれば……」「いない。ここで話し合いながら聞き合ったが、土属性はいないし光属性と闇属性も使えてもあまり得意じゃない者しかいなかった。無属性結界なんて、あれを押さえ込めるほど丈夫なやつ張れるのは、生徒会メンバーぐらいだろ」はぁ、と先輩はため息をつく。──あのラウのことだ。このメンバーもあらかじめあの魔物をどうにかできる者を入れているはずだ。しかし、気配を探ってもサキカの後ろを歩く者は、もういなかった。サキカがここに着いてから来た者たちも、黙りこんでサキカと先輩の話しに耳を傾けているのだ。使える者がいたら、名仱瓿訾皮い毪扦ⅳ恧Α¥胜椁小ⅳ长长死搐腴gにやられてしまったのだろうか。だが、あのラウがそれを考慮しないわけがない。ということは──(……僕にどうにかしろとおっしゃるわけですね)──それしか考えられないのだ。あれを倒すのには、実はもう一つだけ方法がある。「……氷属性持ちは、いないのですか」「いるわけないだろう。あれは派属性だ。吡激蓼斐证盲皮い胜は蓼辍⒀袱懔暤盲扦胜い长趣挨椁ぁⅴ榨┅`ラスも知ってるだろ?」──凍らすこと。それは、氷属性持ちの少なさ故に、一番使われない方法である。.

......
[阅读全文]

18-04-22

Permalink 07:09:09, 分类: default

 久々に抱きつかれたサキカは、それを引

 久々に抱きつかれたサキカは、それを引き剥がそうとも思わず、じっとしていた。――サキカたち男子は、準備を終えた者から待合室で女子の準備が終わるのを待っているところだった。HKUE 傳銷皆はそれぞれ、部屋にあったソファーに座って紅茶や焼き菓子を口にしたり、立ち話したりしていたのだが、勿論ながらメイドや執事もおり、周りからの視線が痛い。「……ガイア、そろそろ離れて」羞恥が限界に達したサキカは、赤くなる顔を俯けた。「…………」ガイアは離れてくれたが、しばらくの間名残惜しげな表情でこちらを見つめていたのだった。「お、サキカ」また一人、準備を終えた男子生徒が部屋に入ってくる。青髪垂れ目の少年――レイトだ。レイトが身に纏っているのは、水色のローブ。青い髪色と瞳の色と相俟って、似合っていた。「早いなぁ。オレ、結構早く準備終わったと思ってたのに」「執事の方がローブを選んでくださったから早かったんだよ」「あ~、成る程。……あ、また髪縛ってる」サキカの髪がん娂~によって結わえられているのを見つけたらしい。サキカは少し苦笑した。「本当はついでに切ってもらいたかったんだけど、断られて」「……まぁ、そりゃあ断るだろうな。そんな綺麗な髪切んの、もったいないし」なぜか納得したレイトに、サキカは首を傾げた。「でも俺、男だよ? 髪の毛伸ばしたいわけじゃないし……」「それでも切んのはもったいなかったんだよ」どうもそれは理解できない。確かにこの髪は誉められることは多々あるが、女性ではないサキカは伸ばしたいとも思わなければ、切るのがもったいないとも思わないのだ。「つか、ガイアのかっこうが珍しい。基本白肖盲胜韦恕⒄浃筏韦ⅳ搿盲皮いΔ墒证胜浃倪xぶなんてな」レイトは怪訝そうにガイアを見ていた。その視線に鬱陶しいと言わんばかりの冷たい視線を返すガイア。.

......
[阅读全文]

18-04-19

Permalink 12:46:34, 分类: default

「着替えた~?」有舞の声が扉の外から聞こえ

「着替えた~?」有舞の声が扉の外から聞こえてきた。二人は辱められる覚悟を決め、扉を一気に開けた。途端に悲鳴のような歓声に包まれる。「美人っ!」「凄い似合ってる頭髮再生」「……私より女の子らしいじゃないの…………」「美少女……」アークは面倒臭さい、と顔を歪めた。一方、サキカはあまりの恥ずかしさに頬を真っ赤に染め、そっぽを向く。「あ、あんまり見ないでくださいよ……」その言葉に、その場にいた全員が悶えた。因みに、ガイアは大量の鼻血を噴出して卒倒していたのは言うまでもない。「さて、化粧するわよ!」有舞がその場を仕切りはじめた。女子達が頷く。「その前に……」有舞がアークをギロリと睨んだ。「その眼鏡をとりなさい!」「は?何でとんねぇといけねぇん――」アークが言葉を言い終える前に、女子達がアークの眼鏡を奪いにかかった。抵抗する間もなく銀縁眼鏡は奪われ、現れたのは――「か、可愛いっ……」童顔の、可愛らしい顔立ちであった。眼鏡をとってしまえば、私服でも性別がわからなくなるだろう。それぐらい、可愛いかった。「うっせぇな!人の気にしてる事を言うな!!」噛み付くように怒鳴るアーク。しかし、その服装や眼鏡をとった幼い顔立ちが相俟って、全くと言っていいほど迫力というものが欠如していた。そんな外見の人に怒鳴られても、可愛いと思うぐらいである。.

......
[阅读全文]

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018