「えぇ、後は体内を破壊するとかし

18-06-08

Permalink 11:35:01, 分类: default

 「えぇ、後は体内を破壊するとかし

 「えぇ、後は体内を破壊するとかしか……」体内破壊は、風属性の者があれを討伐する時にするやり方である。しかし、学生では器用に体内だけを破壊できる者などいないだろう。火属性頭髮稀疏もできないことはないが、失敗すればこちらが死ぬかもしれない。「束縛しても根本的な解決にはならないしなぁ……。むしろ暴れられて体液と息を巻き散らかされそうだ」先輩は大きく息を吐き出して肩を落とす。「闇属性と土属性持ちはいないのですか? 光属性でもあれを押さえ込む結界でも張れれば……」「いない。ここで話し合いながら聞き合ったが、土属性はいないし光属性と闇属性も使えてもあまり得意じゃない者しかいなかった。無属性結界なんて、あれを押さえ込めるほど丈夫なやつ張れるのは、生徒会メンバーぐらいだろ」はぁ、と先輩はため息をつく。──あのラウのことだ。このメンバーもあらかじめあの魔物をどうにかできる者を入れているはずだ。しかし、気配を探ってもサキカの後ろを歩く者は、もういなかった。サキカがここに着いてから来た者たちも、黙りこんでサキカと先輩の話しに耳を傾けているのだ。使える者がいたら、名仱瓿訾皮い毪扦ⅳ恧Α¥胜椁小ⅳ长长死搐腴gにやられてしまったのだろうか。だが、あのラウがそれを考慮しないわけがない。ということは──(……僕にどうにかしろとおっしゃるわけですね)──それしか考えられないのだ。あれを倒すのには、実はもう一つだけ方法がある。「……氷属性持ちは、いないのですか」「いるわけないだろう。あれは派属性だ。吡激蓼斐证盲皮い胜は蓼辍⒀袱懔暤盲扦胜い长趣挨椁ぁⅴ榨┅`ラスも知ってるだろ?」──凍らすこと。それは、氷属性持ちの少なさ故に、一番使われない方法である。.

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018