××××××××××××××××

18-07-17

Permalink 23:18:53, 分类: default

 ××××××××××××××××

 ××××××××××××××××「あぁもうっ……」 ユリアスは頭(かぶり)を振った。昨日の彼の台詞が、頭から離れないのだ。 戦争前となり、学園はHKUE DSEみとなった。実家に戻ったユリアスは自室にこもっていたが、彼のあの台詞のせいで、昨夜は寝られなかった。「貴女を守れるのですから……って、なんでこんな思わせぶりな台詞をっ……」 これでは彼が、あたかもユリアスを守りたいがために戦うみたいではないか。 そのあとの台詞もそうだ。僕は幸せです、と彼は言ったのだ。ユリアスを守れるのが幸せだというように、……自分の都合の良いように捉えてしまいそうだ。「忘れなきゃいけないって、わかっているのに……」 いずれは婿を迎え、アクスレイド家繁栄のために尽くさなければならない。一人娘として五大貴族に生まれた者の、使命である。 いっそのこと、父に頼み込んでみるか。これで相手が平民であると大変なのだが、サキカの地位は、幸い、全く問題がないほどに高い。逆の意味での問題が起こりそうであるが、過去の総帝には五大貴族と婚姻を結んだ者もいたはずだ。「……いや、だめです、それは流石に。人として問題がありますよっ」 告白の返事がないにも関わらず外堀から埋めていくなど、流石に気が引ける。ユリアスはそこまで狡猾な人格はしていない。「こうなったら」 ユリアスは勢いよく立ち上がった。一人で考え込んでいても仕方がないのだ。部屋着の質素なワンピースから、外出着である派手さはないものの可愛らしいワンピースに着替えて、ユリアスは部屋の扉に手をかけた。.

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2019